弁護士や検事、また裁判官は、この世の閻魔様ともいうべき、法の番人だと思います。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士や検事

PAGETITLE

●56歳 女性

弁護士や検事、また裁判官は、この世の閻魔様ともいうべき、法の番人だと思います。人々の一生を左右するような、判決や決断に関わる仕事です。
専門的な知識を十二分に備えなければなりません。
もし、そのような職業のいずれかを自分が選ぶことができるなら、なりたいのは弁護士です。
それも強きをくじき弱きを助けるような、使命感を持った弁護士になれたら、と思います。映画やドラマ、小説の中で描かれている弁護士は、あらゆる証拠を調べ、わずかな手がかりから、被告人の無実を証明しています。そのようなヒーローのような弁護士はカッコいいなと憧れるのですが、もしできるなら、もっと身近で困っている人々の手助けができる弁護士になれたら、と願います。
例えば、離婚で苦労している母子の味方になったり、背負いきれない借金をかかえてしまった人の手助けをすることができる弁護士です。
敷居の低い、相談しやすい弁護士になれたらと思います。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.