弁護士、検事、裁判官なら、弁護士になりたいと思います。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士、検事、裁判官なら、弁護士になりたいと思います

PAGETITLE

●25歳 女性

弁護士、検事、裁判官なら、弁護士になりたいと思います。
実は、以前に弁護士を目指して勉強をしたことがあって、あまりの膨大な知識の量に諦めてしまったのですが、今でも弁護士への憧れは人一倍強いと思っています。弁護士への印象は、人それぞれ色々なものがあると思っていますが、私が感じているのが、綺麗なやり方でトラブルを解決できる正義の味方のようなイメージです。

法治国家においては、法の存在は絶対なので、その法に従ってあらゆるトラブルを解決するのは、とてもクリーンだと思います。検事や裁判官というのも、法に深く関わった仕事ではありますが、これらは私にとってあまり身近な存在ではなく、弁護士に比べて実態も不鮮明で、特に憧れるということはありませんでした。

私にとって弁護士が身近なのは、親戚に弁護士がいるからで、その人の頑張っている姿を小さな頃から見ていて身近になったのです。
このような幼少期の経験なども相まって、弁護士、検事、裁判官の3つの中から選ぶならば、私は弁護士という結論になります。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.