弁護士か検事か裁判官の中でどれになりたいかというなら、裁判官になってみたいです。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士か検事か裁判官の中でどれになりたいかというなら

PAGETITLE

●54歳 男性

弁護士か検事か裁判官の中でどれになりたいかというなら、裁判官になってみたいです。

どの職業も責任重大ですが、その中でも特に責任が重いのが、裁判官だと思っています。場合によっては、人の一生を決めてしまうこともあって、間違いなく人の人生を左右する職業でしょう。
しかし、法を扱うような重大な仕事をするならば、徹底的に責任のある仕事をしてみたいというのが私の信条なので、裁判官を選びました。

裁判官の判決には、世間の色々な反応がありますが、裁判官の感じているプレッシャーは、一般人には決して分からないものだと思います。そのため、裁判官はどのような状況に置かれて判決を下しているのかも知ってみたい気持ちもあり、そうすればどのような気持ちでこのような判決を下したのかが分かると思うのです。

その気持ちを汲み取れるからこそ、見えてくる真実もあると思うので、裁判官の仕事には以前から非常に興味がありました。
このような理由から、この3つの職業ならば裁判官になってみたいと思います。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.