やってみたい職業となれば、それは弁護士です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

やってみたい職業となれば、それは弁護士です

PAGETITLE

●51歳 男性

やってみたい職業となれば、それは弁護士です。

検察官、検事、裁判官は、基本的に公務員です。
つまり給料が決まっています。夏休みもあれば冬休みもありますし、ボーナスはあったとしても、基本給は決まった金額が支払われるサラリーパーソンでしかありません。その点、弁護士は、能力給です。
有罪確実という被疑者を無罪に持ち込むことができれば、依頼が殺到し、高額な報酬が約束されます。
また、弁護士は、どんな人間に対しても弁護します。お金がある人でもない人でも、人間は皆裁判を受ける基本的人権を有しています。なので、依頼人が殺人犯であっても、やくざであっても弁護をします。検事や裁判官がヤクザとつるんで仕事をしているという話は聞いたことがありません。どんな人に対しても平等に接することができる弁護士は、素晴らしいと思います。
また、最近話題の、借金した人がサラ金からお金を取り戻す過払い金訴訟でも、弁護士は大活躍しています。取り戻すお金が大きければ大きいほど、弁護士報酬は巨額になるので大儲けしています。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.