弁護士・検事・裁判官の中で私がなりたい職業は、弁護士です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士・検事・裁判官の中で私がなりたい職業は、弁護士です

PAGETITLE

●23歳 男性

弁護士・検事・裁判官の中で私がなりたい職業は、弁護士です。
何故ならば、弁護士は裁判において最も重要な役割を演じていると考えるからです。

弁護士は、裁判で弁護することで、判決をひっくり返すこともできる可能性を秘めた存在であります。優秀な弁護士の方は、幾多の困難な案件に対しても、どのような事例が近いものなのか、或いはこの場合はどう対処すればいいのか、ということが頭に入っているだけでなく、実際に最前線に立ち対処していくことをしなければなりません。一見すれば、3つの中で一番体力的にも辛いものがあるかと思いますが、やりがいは最も感じられると思います。
裁判官は、判決を下すことに重点を置くので、なかなか人と通うことはないのかな、と思いました。
弁護士の仕事では、人と面と向かい合う仕事であるため、責任感や使命感を持ち、やりがいを日々感じ仕事が出来るため、仕事に対して飽きがなくできるため、弁護士になりたいと考えております。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.