弁護士と検事と裁判官。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士と検事と裁判官

PAGETITLE

●36歳 女性

弁護士と検事と裁判官。殺人事件系のドラマでよく出てくる3つの職業ですが、この中で自分がどれになってみたいかというと、検事かなと思います。
弁護士や裁判官は時に、自分がというより、一般的に見て正しいと思った行為をしている人とは全く逆の立場の人、例えば犯罪者や、明らかにこちらが悪いだろうというような人を、サポートしなければならないことがあると思います。仕事とはいえ、明らかに犯罪を犯しているだろうと世間が思っている人の弁護についた弁護士や、そういう人に無罪の判決を下す裁判官をテレビなどで見ていると心苦しくなることがあります。

でも、検事は自らの捜査や取調べに基づいて、何が正義なのか、正しいのはどちらなのかということを徹底的に調べ上げ、理論に基づいて説明し、裁判の場で戦うことができます。勿論、私情をはさむことはできませんが、少なくともこの3つの職業の中で、いいことはいい、ということを自分の調べたことなどを通じて、いつでも主張することのできる唯一の職業ではないかと思います。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.