弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業はと訊かれたら、私の場合は検事になりたいと答えると思います。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業はと訊かれたら

PAGETITLE

●38歳 女性

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業はと訊かれたら、私の場合は検事になりたいと答えると思います。
とはいえ、弁護士も検事も裁判官もなろうと思ったら、難しい試験に受からないといけない上、適性も必要だと思います。それらを考慮せず、三つの中からただ単になってみたい職業を選ぶとするなら、検事になりたいと思います。理由は、人の過ちや犯罪を「悪い事は悪い」と、きちんと指摘する職業だと思うからです。

弁護士だと、たとえとても凶悪な犯罪を犯した人間であっても、自分がその弁護をするとなれば、子供の頃の生育歴や精神鑑定など、出来うる限りの方法を用いて刑の軽減をしなければいけないと思うのですが、実際に悪事を働いた人間に対して私は共感は出来ないし、犯罪者に寄り添って弁護をするのは、とても難しいと思います。
また、裁判官は人を裁く事に対する責任の重さを感じてしまいます。判決によって人の運命が大きく変わる恐れもあるので、三つの職業の中でも、より慎重さが必要なのではと思います。ドラマでは、弁護士や検事を主役にしたものをいくつか見た事があるのですが、そういえば裁判官を主役にしたドラマは見た事がありません。もしそのようなドラマがあって人気が出れば、私も裁判官になりたいと思ったかもしれません。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.