弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業というと、私の場合弁護士です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業というと

PAGETITLE

●38歳 男性

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業というと、私の場合弁護士です。

何故弁護士なのかというと、クライアントを自分で選ぶことができ、選んだクライアントのために全力で仕事ができるという点で、検事でも裁判官でもなく、弁護士になりたいと思いました。
裁判に関わる仕事は大変ですが、その色んな裁判の中にも、自分の得意な分野と不得意な分野があると思います。
私は遺産相続のような家庭内のトラブルについて、法律の適用範囲内で最大限クライアントに有利な形で助言するような仕事をしてみたいと思っています。一方、交通事故で自分と相手どっちが悪いといった裁判もありますが、私はこのような話の展開の裁判は苦手だと思いますので、もし私が弁護士だったらこの手のお話は他の弁護士さんにお願いすることになると思います。
このように、弁護士でしたら仕事の内容を選ぶことができるという点で、この職業を選びたいと思いました。
また、身近な相談者としても弁護士さんは活躍していますので、頼りにされる弁護士を選びたいと思いました。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.