法律に関わる仕事と言えば、弁護士の他にも検事や裁判官などがあります。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

法律に関わる仕事と言えば

PAGETITLE

●31歳 女性

法律に関わる仕事と言えば、弁護士の他にも検事や裁判官などがあります。この中で私がなりたいと思う職業は裁判官です。
その理由は、とても大きな責任が伴う仕事だからです。

勿論、弁護士や検事といった職業も大きな責任が伴います。
しかし、裁判官は口頭弁論や証拠などを調べ、判決の決定を言い渡すという、最も責任のある仕事だと思うからです。
例えば、色々な判決を言い渡しますが、犯罪の場合ですと、事前に事件に関わる資料をしっかりと読み込み、証人や当事者、弁護士、検察官などの話を聞き妥当性も判断しなくてはいけないのです。
妥当性だけではなく、法にも照らし合わせて判断しなくてはならないのです。

様々な事を把握して、最終的な判決を下すというのは、この職業ならではの魅力の一つです。
更に、司法試験の中でもトップクラスの成績を収めなければなれないのが裁判官とも言えるところから、なってみたい職業でもあります。
法のスペシャリストとも言える職業が裁判官だと思うので、弁護士や検事ではなく裁判官が良いです。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.