弁護士と検事と裁判官の中で、自分がなりたい職業は弁護士です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士と検事と裁判官の中で、自分がなりたい職業は弁護士です

PAGETITLE

●36歳 男性

弁護士と検事と裁判官の中で、自分がなりたい職業は弁護士です。

弁護士は弱き者を守ってくれるイメージがあり、素敵な職業だと思います。刑事事件の被疑者や被告人の弁護を行いますが、犯罪を犯してしまった人に対しても謝罪をすることを促したり、罪を軽くしたりと調整します。被疑者であっても、無実の罪となっている場合もあり、それを証明するために活動する姿が魅力的です。

ドラマ等の影響もあって、弁護士はカッコいいというイメージがあります。弁護士は刑事事件の弁護だけではなく、実際には幅広い業務に携わっており、法律のことを熟知しているプロです。
相続や離婚問題で争っている当事者に変わり、うまく解決できるように手続きをしてくれます。もめ事は当事者間で解決できれば良いのですが、解決に向かわないことも多々あります。困っている人達を助けてあげられる事が、とても素晴らしいことです。

お金の問題で悩んでいる人に対しても、解決に向かうような手助けが期待できるのでカッコいいと思います。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.