弁護士・検事・裁判官の中で一番したい仕事は、検事です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士・検事・裁判官の中で一番したい仕事は、検事です

PAGETITLE

●48歳 女性

弁護士・検事・裁判官の中で一番したい仕事は、検事です。
その理由は、ちゃんと事件を立件したいからです。

弁護士は、犯罪者の弁護もしないといけないので、私個人としては性格的に向いていません。裁判官は最終決定なので、自分の判決の重さに耐えられないです。
検事は事件を証明し、えん罪の可能性があるなら徹底的に調べたいです。
最近の警察の捜査は、あまりにえん罪が多く、度々ニュースでも報道されていますから、そこで検事の役割がとても重要になってくるのではないでしょうか。
公正な裁判をする上では、検事の仕事が一番左右されると思います。人の人生を左右する仕事ですから、きっちりと物証や証拠、裏付けなどを徹底検証して世の中を正していきたいです。
最近は凶悪な事件が多発しているので、罪の重さも強調して誰もが安心して住めるようにしたいです。
犯罪の年齢が10代になってきているので、法改正もしていかないと、歯止めがきかないと思うのです。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.