日本にはたくさんの職業があり、変わったビジネスも存在します。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

日本にはたくさんの職業があり、変わったビジネスも存在します

PAGETITLE

●44歳 男性

日本にはたくさんの職業があり、変わったビジネスも存在します。生きていくには、働いて収入を得る事が義務になりますが、一生モノの職業を見つけるケースで悩む人も少なくないです。
そんな中、弁護士、検事、裁判官など法に関わる職業は、憧れる人も多いと言えます。社会的地位、収入、国家資格など、胸を張れる仕事と言えるでしょう。
もし、この3つの職業の中で自分が目指すなら、弁護士を選びます。弁護士は、国家資格の中で最難関と言われ取得が大変と言われます。
しかし、弁護士の職業は、人を擁護、手助けする事が主な仕事なのでやりがいを感じます。有名弁護士になれば、日本だけじゃなく海外で活躍するケースもあり魅力が広がります。また、年収も平均的に高額になり、大きな刑事事件を受け持つ人は、1億円以上稼ぐみたいです。
信頼、信用、安心などが支持されれば、仕事は途切れないみたいで、生活が安定できそうです。

弁護士になって、裁判所で自分の力がどの程度通用するか、1度は経験してみたいものです。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.