検事も弁護士も、そして裁判官も皆エリートしかなれないような職業ですから、もし自分がなれたら、どれでも良い気がします。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

検事も弁護士も

PAGETITLE

●36歳 男性

検事も弁護士も、そして裁判官も皆エリートしかなれないような職業ですから、もし自分がなれたら、どれでも良い気がします。

しかし、贅沢にもこの三つの中から選べるとするならば、私はきっと検事を選ぶと思います。私の拙い認識では、検事も裁判官も公務員だと思いますが、弁護士は民間です。
腕があって、どんな裁判でも勝てるって自信があるならば弁護士でも良いのですが、そうでなければ結局依頼者が掴めなくなるわけで、この三つの職業の中では一番不安定と言わざるを得ません。
では、何故検事で裁判官ではないかと言えば、結局最後に判断を下し、法の裁きを与える役が裁判官です。
私なんかに間違いなく公正な裁きが出来るかというと全く自信ありませんし、もし判決を誤れば冤罪という事で、罪の無い人の人生を奪ってしまうことになりかねません。そんな過ちの償いなんて出来っこないので、裁判官は辞退したいです。

しかし、検事でしたら、証拠を積み上げ被告が有罪であるのを証明していくのが仕事だと思っていますから、最終的な刑罰の判断までしなくて済みます。やはり、小心者なんでしょう。どこかで責任を逃れたいという、私の小さな心がそんな選択をさせるのだと思います。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.