弁護士・検事・裁判官の中で、自分がなりたい職業は裁判官です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士・検事・裁判官の中で、自分がなりたい職業は裁判官です

PAGETITLE

●29歳 男性

弁護士・検事・裁判官の中で、自分がなりたい職業は裁判官です。

色々な犯罪が起こる中、判決が一般的な国民感情とかけ離れているような気がするからです。
凶悪犯に対して、裁判官は甘すぎるように感じます。弁護士だと、凶悪犯の弁護をしないといけない、検事だと裁くことが出来ない。そうなると、やはり裁判官がいいでしょう。
少し前に、裁判員制度が出来ましたが、一般国民の判断を取り入れる良い試みだと思っていたのですが、裁判官の考えで罪が軽くなることが目立ち、少し疑問に思っています。被害者の人権は大切にしないのに、加害者の人権は大切にする傾向があるのが気になります。裁判官の中には、首をかしげたくなるような判決を出す人もいます。凶悪犯にたいして何故甘くなるのか。不思議な判決を出す傾向がある裁判官を見るたびに、そのように思えます。
もし、自分がなるなら、裁判官になり、一般的な国民感情に近い判決を出したいと思います。善良な国民を守るという姿勢が、犯罪抑止に繋がると思います。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.