検事というのは、弁護士や裁判官よりも憧れる職業です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

検事というのは、弁護士や裁判官よりも憧れる職業です

PAGETITLE

●46歳 男性

検事というのは、弁護士や裁判官よりも憧れる職業です。

何より、まず犯人の罪状を最初に確認できるし、きちんとした判断をすれば、裁判において弁護士など必要ないとさえ言えるかもしれません。したがって、検事というのは弁護士より、判決に対する影響がずっと大きいと言えるのではないでしょうか。もっとも、ドラマなどではしばしば敵役になりがちなのが検事という職業ですが、ドラマのように被告に対して、悪意をもって裁判に臨む検事はいないでしょうから、検事といって悪役を連想するというのは失礼な話です。

冤罪というのも、人間が扱う裁判なら完全に発生を防ぐのは難しいし、社会の仕組み上受け入れざるを得ないリスクというものです。
勿論、冤罪が確定した時にきちんとした対処を取ることは必要ですが、冤罪の発生を恐れるあまり、本当の犯罪者を取り逃がすような事態は決してあってはならないことです。
そのためにも、能力のある検事が必要だし、そのためにも憧れの職業であり続けなければならないでしょう。

注目情報

  • 新幹線の旅行をご検討されるなら、こちらのサイトが役立ちます。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.