司法関係の仕事は色々なものがあります。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

司法関係の仕事は色々なものがあります

PAGETITLE

●34歳 男性

司法関係の仕事は色々なものがあります。有名なところとしては、弁護士や検事、裁判官が挙げられます。この中でどれになりたいかと言えば、断然弁護士になりたいと思います。
弱いものの味方というか、司法の世界に疎い一般市民を法の下に守ることができる職業だという印象が強く、現代ならではの仕事だと感じます。ただ、理想と現実がかけ離れていることもよく分かっているつもりです。
場合によっては、極悪犯罪人を弁護する仕事もあり得るかもしれませんし、自分が思っている結論とは違う方向へ論点を持っていく必要があることも、起こり得るかもしれません。また、学ぶべきことが多いことも分かっています。現在の法令を把握、理解することは勿論のこと、過去に判決された判例を記憶し、以降の裁判に活かしていかなければなりません。
言葉では簡単に書けますが、これはかなり難しいことだと思います。その分、やりがいのある仕事だと感じられるのではないかと思います。

注目情報

  • 葬儀(高槻)をお考えの方、規模やご宗教に合わせた様々なプランがあるこちら。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.