自分の頭では法律の専門家になるというのはとても難しいことですが、テレビドラマなどで活躍する弁護士や検事を見ていると、憧れてしまいます。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

自分の頭では法律の専門家になるというのはとても難しいことですが

PAGETITLE

●39歳 男性

自分の頭では法律の専門家になるというのはとても難しいことですが、テレビドラマなどで活躍する弁護士や検事を見ていると、憧れてしまいます。
弱い人を助ける弁護士や、悪を許さない検事というのはかっこいいものです。
そんな中で、裁判官というのはあまりイメージが湧きません。公平に判断することが大切な裁判官というのは、どこか感情が少ないような感じがして、ニュースなどを見ていても無表情という印象です。

法律の専門家の中でも、弁護士は一番身近な存在でしょう。その気になれば、いつでも相談に行くことができます。裁判員制度があるので、裁判官と係わり合いになることがあるかもしれません。
しかし、検事は事件を起こすか、巻き込まれるかしない限り、会うことはないと思います。
この中でどの職業になりたいかと言われれば、検事になりたいなと思います。やはり、悪を許さないというか、刑事のように事件を解決するということに憧れがあるからです。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.