弁護士・検事・裁判官の中で、私がなりたい職業は裁判官です。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

弁護士・検事・裁判官の中で、私がなりたい職業は裁判官です

PAGETITLE

●28歳 女性

弁護士・検事・裁判官の中で、私がなりたい職業は裁判官です。

裁判官は、訴訟問題の最後の決定を下す人です。
ここを間違えれば、一人の人の人生を狂わしてしまう可能性もあり、とても大きな役割を担っています。大きな決断を下す役割を持っているからこそ、私は裁判官になりたいのです。
私は、正しい判断を下したいと強く思います。実際に、今の世の中で、理不尽な裁判結果が多くあり、その不満を常に抱いているからです。
裁判の結果こそが全てであり、その結果によって大きく人生が変わるのです。

弁護士や、検事の方がいくら頑張っても、最後の決断を下すのは裁判官です。
裁判官は、本当に大きな役割を担っているからこそ、やりがいもあると思います。裁判官がしっかりしていれば、国も大きく道を外す事もないように思います。裁判官の意識の高さは、国のレベルをも示すと思われます。
とても大変な職業だと思いますが、だからこそ、やってみたいと思うのです。

注目情報

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.