学生の時に受けた講義で、実際に弁護士として働いている方の談話を聞くことがありました。

弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?
弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?

学生の時に受けた講義で

PAGETITLE

●34歳 女性

学生の時に受けた講義で、実際に弁護士として働いている方の談話を聞くことがありました。
その方は、民事ではなく刑事事件をもっぱら担当している方だそうで、弁護料も払えないような被疑者の国選弁護人をすすんで引き受けて、弱者のために自分の法律知識を少しでも役立てたいと働いているそうです。

そのため、自分の弁護士事務所は毎日火の車だけれど、何のためにこの職業を目指し必死に頑張ってきたかと考えれば、弱者救済のために働くためです。
ですから、今の自分を誇りに思う、と話していました。

その話を聞いて、それまでは弁護士ってどんな人でもお金さえもらえば弁護するという、ドラマからの刷り込みの悪いイメージを払拭することができました。
検事や裁判官の仕事もとても素晴らしい仕事だと思いますが、この弁護士さんの話を聞いて、もし自分がなるとしたら、こうやって弱者を助けるヒーローのような弁護士になりたいなと思いました。

Copyright (C)2017弁護士・検事・裁判官の中で自分がなりたい職業は?.All rights reserved.